読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新刊】ダンジョンに単身で挑むのは間違っているだろうか

迷宮-ダンジョン-組曲
6/14 都産貿 浜松町館 2F M03 Desktheory

ダンまちゲームブック
 『ダンジョンに単身で挑むのは間違っているだろうか』
 新刊持っていきます~。 ギリギリ印刷が間に合ったです。超早い。ありがたい。


 文庫サイズ88ページ。パラグラフ数は140ちょっと。
 紙と筆記用具とダイスで遊ぶ形式となります。
 100を超えるようなパラグラフ数のゲームブックは初めてだったので、色々と至らない所も多々ありますが、なんとか形になりました。


 さてさて、ではその表紙を飾るのは我らが青い紐神ヘスティア様……。

f:id:genshikigou:20150611223541j:plain

 あれ、青い紐忘れてた!!

















 ん?

 この横の青いのは……?

f:id:genshikigou:20150611223548j:plain






 じゃ~ん! 青いリボンがヘスティア様の胸元をカバー!

f:id:genshikigou:20150611223555j:plain
 そのまま青いリボンをくるりと本にまけば……!?


 裏面でボタンで留められるベルトになっているのでした。
 リボンは栞紐代わりにもなっています。ぶっちゃけちゃうと、この本に紐を巻いた装丁が作りたかっただけというのもあります。
f:id:genshikigou:20150611223607j:plain
 ブランクシートが裏表紙なのは、背中にステータスが刻まれるダンまちをイメージしています。実はTRPGなどのルールブックではわりと定番なんですけどね。









 ちなみに、ペンを指しておく事も出来ます。筆記用具はこのゲームブックを遊ぶ際には必需品ですからね。
f:id:genshikigou:20150611223615j:plain
 あとはこのゲームブックにはダイス(サイコロ)も必要なんですが、持っていないという方のために……。







 ページ下端にダイスがプリントされています。
f:id:genshikigou:20150611223629j:plain
 ペラペラっとページをめくって止まったページのダイス目で代用する事が可能ですよ♪





 
 と、こんな感じに紹介してみましたダンまちゲームブック。 

f:id:genshikigou:20150611223640j:plain

 ちょっとでも気になったり、欲しいと思っていただけたら、是非ともイベント会場にまで足を運んでいただけると幸いです。


追記
 ボタン位置変更しました。
 実際の装丁は写真と異なることがあります。