アイオニア・コンストラクション

コンストラクション

 アイオニアのキャラ作成、意外ととっつきにくいというか古めかしい点数割り振り制。いわゆるフルスクラッチ方式だが、もう少し手軽に作成する手段としてコンストラクション方式を提案してみたい。点数を逐一計算してではなく技能をいくつ、特技をいくつのようにあらかじめ決められた数のデータを取得してキャラクターを作成する。他のTRPGでは定番の手法だ。

技能と特技習得

  1. 一般技能を6つ得る :60点
    • その中から専門技能を4つ得る :20点
  2. 特技を4つ得る :20点
  3. 武器を1~2つと防具を1つ取得する

 以上で経験点100点のコンストラクションとなる。キャラクターメイクの際はP77職業を参考に取得する技能や特技、持ち物を決めると良い。経験点が足りない場合は以下の方法で追加の経験点が取得できる。

弱点と傷痕による経験点取得

 ペナルティABCのどれかまたは複数を得る代わりに以下の効果を得る。(ルールブックの追加点20点までの部分)

  • A:弱点1つを得るかわりに一般技能を1つ得る
  • B:傷痕5点上昇させて専門技能を1つ得る
  • C:傷痕5点上昇させて特技を一つ得る。

キャラメイクに関するオプション

 割と初期PCはシビアなので。キャラクターに経歴を与えることで専門技能と特技を合わせて2つ追加しても良いというオプション。これで初期110点スタートみたいなもんよ。適当にPCに経歴とエピソードを考えてそれらしい専門技能を2つ得よう。

  1. 種族にまつわる経歴
    • 各種族らしい技能とそれを取得したエピソード
  2. 職業にまつわる経歴
    • 自らの職業に関する技能と職業エピソード
  3. 家系にまつわる経歴
    • 一族や祖先に関する技能と両親、兄弟などのエピソード
  4. 地域にまつわる経歴
    • 住んでいる地域に関する技能と街や村のエピソード
  5. 幼年期にまつわる経歴
    • 幼い時に得た技能とその時代の思い出エピソード
  6. 信仰にまつわる経歴
    • 信仰に関する技能となんらかの啓示などのエピソード
  7. 学問にまつわる経歴
    • 学問や教育に関する技能、研究などのエピソード
  8. 恐怖体験にまつわる経歴
    • 恐ろしい出来事の中で得た技能、事故や事件などのエピソード

 ここまで書いて、コンストラクション方式もそこまで便利でもないなと思ってしまったので、キャラメイクの手法をまとめたりガイドしたりする必要もありそうだ。新種族の作り方とかね。

追加特技案

 特技を増やしても良いとルールブックにあったのでいくつか提案。

重装戦士の心得 ー戦術

  • あなたは常日頃から肉体を鍛え、重い装備を身に着けた状態での運動技術を磨いている。
  • あなたが大型白兵武器または重装防具を装備している際、荷重ペナルティを以下に変更する。
    • 荷重11以上 軽度の荷重ペナルティ
    • 荷重16以上 重度の荷重ペナルティ
  • この特技は一般技能《運動》と専門技能《白兵:大型白兵武器のいずれか》を取得していないと取得できない。
  • 体格が小さいキャラクターは追加経験点5点を支払わないと取得できない。

古代魔術の詠唱:(魔術特技の名称) ー魔術

  • あなたは古代魔術の詠唱、儀式、触媒などを研究した魔書の断片集「棄星の魔導書」(アーティファクト)の一部を読み解き魔術をある程度安全に利用できるようになった。
  • この特技は繰り返し何度も取得できる。取得の際に《古代魔術の詠唱:(魔術特技の名称)》と書き換える。指定した魔術特技を使用する際にこの特技の効果が発生する。別の魔術特技を指定したい場合は新たにこの魔術を再取得する必要がある。
  • あなたが発動にストレスチェックを必要とする魔術を使用する直前、専門技能《知識:魔術》による判定で難易度(10+発動させたい魔術で増えるストレスの値)に成功するとストレスチェックを免除できる。ただし判定に失敗すると魔術は発動せずストレスを(3+発動させたい魔術で増えるストレスの値)点受けた後、ストレスチェックを行わなければならない。
  • この特技は専門技能《知識:魔術》と指定した特技ー魔術を取得していないと取得できない。

怒りの精霊の憑依 ―特徴

  • あなたには怒りの精霊が憑いている。時に自らの意思を蝕み狂暴化し周囲に破壊をまき散らす。
  • あなたは戦闘(流血沙汰などの荒事でも)に遭遇した際に特殊なストレスチェックを1d50で行う。失敗した場合、「暴走状態」となり以下の効果を受けた状態で敵味方問わずに攻撃の対象として行動する。
    • 「暴走状態」中は《白兵:任意》判定による攻撃のダメージに(現在の傷痕/10)点追加する。(端数切捨て)
    • 「暴走状態」中はリアクションでは「反撃」しか行えない
    • 「暴走状態」中はラウンドの終了時にダメージを1点受ける
  • 「暴走状態」になった次のラウンドからあなた以外のキャラクターがインスタントを消費して怒りを鎮めるように語り掛けると通常のストレスチェックが行え、成功すると「暴走状態」が解除される。
  • GMの裁定した状態になった場合(敵対NPCとの戦闘終了や自身の戦闘不能など)に「暴走状態」は解除される。
  • この特技は弱点:狂暴化(精神的後遺症)を取得していないと取得できない。

苦痛耐性 ―特徴

  • あなたは他の人よりも痛みに強い。それは戦闘経験や特訓によるものや、種族など生来の要因からかもしれない。
  • あなたは「短時間に5点以上ダメージを負った際のダメージチェック」を「10点以上のダメージ」に変更する。
  • この特技は傷痕10点以上でなければ取得できない。

決死の覚悟 変更

 《決死の覚悟》を特技ではなく死亡時の特殊行動として位置付ける。この変更を用いる場合は特技として取得する必要なく、全てのPCが使用できる。

 このゲーム判定が渋いので、いかに特技で後押しできるかが肝。レベル格差というよりは特技格差がでかい。実はデータゲームに慣れた人向けの設計なのでなんとか特技やオプションにして誤魔化して行こう。

続きを読む

てるてるRPGシナリオ「ブローチと真っ暗悪魔」

 「ブローチと真っ暗悪魔」は「遥 唯祈」@HAL_2002さん作の「てるてるRPGてるてるRPG|ティス・トゥルーのシナリオです。突発的に書いたのでちょっと本来のルールと運用が違うかもしれませんが、なんとかアレンジしてみてください。基本と応用(キーワード)などで遊べると思います。

ブローチと真っ暗悪魔

■0 お話のはじまり

あるところに小さな王国がありました。
そのお城には好奇心旺盛な王子様がいました。
ある日の事、王子さまはお城から抜け出して怖いカイブツが住むという真っ暗な森へと探検にでかけました。カイブツなんてへっちゃらと思っていた王子様ですが、とつぜん現れた金色の目に驚いて逃げ出してしまったのです。

お城に戻ると大事なブローチを森に落としてしまった事に気が付きます。

王子「困ったなぁ、あのブローチは誕生日に貰った大切なものなのに」

お城から抜け出したことがばれた王子様は王さまに叱られて森には出かけられなくなりました。そこできみたち冒険者の出番となったのです。

王子様(の使い)はきみたちにブローチを見つけてほしいとお願いしてきます。
みんなは助けてくれるかな?

  • ブローチを取り戻してくれたら王子さまはご褒美の宝をくれると約束します。
  • ブローチは暗闇の中でもほのかに青く光る不思議な宝石がはまっています。
  • 「暗闇を照らす灯り」は不思議な魔法の灯りで水にぬれても消えないよ。

→いいよ
 ありがとう。森の中は暗くてあぶないから「暗闇を照らす灯り」をあげるね。

→やだー
 そんなことを言わずに助けてあげて、王子様はえんえん泣き出してしまうよ。

 →いいよ
 ありがとう! 王子さまは泣き止んで「暗闇を照らす灯り」をくれるよ。
 →やだー
  ほんとにダメ? どうしたらやってくれるのかな……王子さまは泣きながら帰って行ってしまうよ。

 王子様のお願いを受けたらもう一度、みんなのキャラクターを確認しよう。

■キャラクターの自己紹介

  • 冒険にでかけるきみたちはどんなキャラクターかな?
  • 自己紹介をしてみよう。
  • キャラクターの名前は?
  • どんなクラスを選んだの?

自己紹介が終わったら冒険にでかけましょう。

■1 森へ入ると

 森へとはいっていくと昼だというのに真っ暗です。王子様のくれた「暗闇を照らす灯り」で明るくなった所は見えますが、遠くは暗くて見えません。
「ホーホー」と森の中から声がします。何の鳴声でしょうか?
まほうつかい:知識 シーフ:ワナ/カギ 

実際にフクロウだと分かれば「正解だよ」と次の描写に。

誰も分らなそうなら「シーフ」の人に手を挙げてもらいましょう。
シーフならとっても耳が良くて暗い中でも人一倍目が良いのでわかります。あれは「フクロウ」の鳴声です。

明かりを向けると木には金色の瞳のフクロウが止まっています。フクロウの口にはなんと青く光る「王子様のペンダント」が咥えられていますよ!

フクロウはそのまま森の奥の方へと飛んで行きます。みんなで追いかけましょう。

(もし、フクロウを弓矢とか魔法で撃ち落とそうと言われたら、暗闇だし音もなく飛ぶフクロウを狙うのは無理で今はフクロウの金の目とペンダントの光をおいかけるしかないよ! と説明しましょう)

■2 倒れた木

 森を進んでいくと鬱蒼と茂った草木が倒れて道を塞いでいます。回り道をしていたらフクロウを見失ってしまうかもしれません。こんな時、力持ちの「せんし」なら木をどかしたり、剣や斧で道を切り開いて進めるのに!

→「せんし」の人に手を挙げてもらいましょう。
 木を持ち上げたり、持っている武器を使って道を切り開けます。

■3 不思議な扉

 きみたちがフクロウを追って進んでいくとフクロウは岩山の小さな穴の中へと入っていきました。その穴の下にはきみたちが入れるくらいの大きさの固い鉄の扉があります。
 固すぎて剣では歯がたたないでしょうし、鍵穴も見当たりません。しかしなにやら「魔法のことば」が書いてあるのがわかります。

→「まほうつかい」の人に手を挙げてもらいましょう。
 まほうの呪文を唱えれば扉の文字が光輝いて勝手に開きます。
 (定番呪文はオープンセサミーでしょうかね?)

 扉の先は洞窟になっています。

■4 洞窟の中

 洞窟の中をしばらく進むと石壁から生えた蛇口からぴちゃりと水の音とともにゼリーの「モンスター」があらわれたよ!
 ゼリーはみんなを飲み込もうとおそってくる。「モンスター」を追い払えるのは誰かな?

→「せんし」 武器でたたかってゼリーをぺしゃんこにしたよ!

追加ルール③「なかまと力を合わせてみよう」

 他のクラスでももしかしたら活躍したい子がいるかもしれない。そんな時は『壁の蛇口から次のゼリーが落ちてきてぺしゃんこのゼリーが復活したよ! せんしだけでは手がたりないかも! みんなも手伝おう!』と追加してみよう。

→「まほうつかい」 「蛇口から出る魔法の力でゼリーがやっつけられない」と分かる。
→「シーフ」 蛇口のワナを解除して蛇口を締めるとゼリーは力が弱くなる。
→「せんし」 蛇口が閉まったならゼリーをやっつけられるよ。

■5 石の部屋

 ゼリーをやっつけて進むと、壁や床が綺麗に整えられていて石でできたお部屋になっているよ。
 その部屋の真ん中の椅子にフクロウが止まっていて、キミたちがやってくるとフクロウは人の姿に変身する。フクロウの正体はまほうつかいのおじいさんだったのだ。

フクロウ/おじいさん「ホーホーホー、よくやってきた。きみたちは勇敢なぼうけんしゃのようじゃな」と話しかけてくるよ。「ブローチをお探しかな?」

 →そうだよ。
 「ブローチはワシが持っている。しかしタダでは返せない。じつはワシも困っていることがあってな。森を真っ暗にしている悪魔を退治したいんじゃ」

 悪魔を退治してくれるかな?

 →いいよ
  それは助かる。あくまはこの洞窟の先に居て森の中の「昼」を食べて「夜」にしてしまうんじゃ。

 →やだー
  ではブローチは諦めてくれんかの。
  →いいよ。
   助かるのぉ。

(まほうつかいのおじいさんから力づくで取り戻したり、騙そうとするとフクロウになってまた何処かへと飛んで行ってしまうかもよ? と説明してみよう。)

  • おじいさんは森でひっそりと暮らしていたまほうつかい。
  • 悪魔が昼を食べるせいで森は真っ暗になり、おじいさんも困っている。
  • 真っ暗なままだとあぶないカイブツが増えてしまう。

おじいさん「悪魔がひるんだら、悪魔の口に「灯り」をほおりこむんじゃ。そうすれば悪魔を退治できるからのぉ」
と最後に伝えましょう。

■6 昼を食べる悪魔

 きみたちがお願いを聞いてさらに洞窟の先へと進むと辺りは水晶でできた道へと変わります。(水晶は白く透き通った宝石だよ。)手に持った灯りを照らすとキラキラします。
 そんな中、黒い水晶が現れます。そして次の瞬間―― 

悪魔「おまえたち、そのキラキラをやめろー!」
と黒い水晶の塊から出て来た真っ暗な悪魔がきみたちにむかって怒鳴ってくるよ。

怒鳴り声は「魔法の力」を持っていて「魔法のバリア」を張らないとみんなは怖くて力がぬけてしまうかも!?

 →「まほうつかい」が手をあげてくれたら、みんなを守るための「魔法のバリア」がはれるよ。

悪魔「まほうつかいがいるのか! それなら手下たちに襲わせるまでだ!」
 悪魔が足元の宝箱の鍵を開けると中から「オオカミ」がとびだしてくるよ! 牙を受け止められないと食べられちゃうかも!

 →「せんし」が手をあげてくれたら、襲い掛かるオオカミをおいはらうことができるよ。

悪魔「宝箱の中にはまだたくさん手下がいるんだぞ! おまえたちがいつまでもつかな!」
 悪魔の足元の宝箱のフタをしめて鍵を掛けられれば手下を閉じ込められるかも!

 →「シーフ」が手をあげてくれたら、悪魔に気が付かれず宝箱に鍵をかけられる。

悪魔「俺様の手下が閉じ込められた!? おのれ~今度は俺様が相手だ!」
 悪魔がきみたちにおそいかかってくるよ。
 悪魔はとってもつよいけど、どうしたら退治できるんだっけ?

 →「灯り」を口にほおりこむと答えてくれたら、それを実行しよう。

 →なんだっけ?となったら「まほうつかい」の人に手を挙げてもらおう。まほうつかいは悪魔の弱点が「灯り」だとおじいさんが言っていたのを思い出せるよ。

→「せんし」「シーフ」 悪魔を脅かしたりして「灯り」を口の中に放り込む役をやってもらおう。

■7 悪魔が消えていく

 悪魔「わー灯りを食べちゃった! 俺様は灯りを食べるとここには居られなくなるんだ~。わー!」と叫びながら悪魔はどこかへと消えて、黒い水晶が白い水晶に変わって行きます。
 やったね。悪魔を退治できたよ!

 悪魔が退治されていなくなると、フクロウが飛んできて「悪魔を退治してくれてありがとうのぉ。これは約束のブローチじゃ」ときみたちにブローチを返してくれましたよ。

 さぁ、ブローチを王子様に届けましょう

■8 お話のおしまい

 きみたちはブローチを取り戻してお城にもどったよ。
 王子様にブローチを返してくれるととっても喜んできみたちに「ありがとう! このブローチは父上や母上から貰った大事なものだったんだ」と感謝する。

 悪魔を退治してとっても活躍したきみたちは国でも評判のぼうけんしゃだ。
 そしてもちろん、王子からもご褒美を貰えたよ。


めでたしめでたし

おわりに

 本シナリオは自由にセッション利用して構いません。その際、アレンジも可能です。実際に遊んだセッションは「てるてるRPG」の二次創作として扱いますので、「てるてるRPGの使いかたとお願い」を必ず確認してください。

作者様Post

思い出沈む猫の匣 PDF版


頒布開始
desktheory.booth.pm


ゆうやけこやけシナリオ集【思い出沈む猫の匣】

 記憶を失った黒猫とともにダム湖のほとりの町・流々羽町での日々を過ごす、ゆうやけこやけのキャンペーンシナリオ。

01. 猫と少女と忘れ物
ダムの湖が見える公園には一匹の黒猫が住んでいます。
ある日、その黒猫と友達になりたい少女が現れますが、積極的な少女と違い黒猫はちょっと迷惑そう。あなたたち変化も加わって仲良く公園で遊びます。でも、少女も猫も大切なものをどこかに『忘れて』しまっていて……。

02. 湯けむりお宿繁盛記
小さな温泉宿を切り盛りしているお婆さんとお爺さん。いつも頑張っている二人ですがお爺さんが腰を痛めてしまって、さぁ大変!
お婆さんに良くして貰っているあなたたちはお手伝いを買って出ます。さてはて上手にいくのかな?

03. カメラと湖畔と水中散歩
ダム湖の底に沈んだ町を写真に収めにきた写真家さんにモデルを頼まれたあなたたちはレイクダイビングに挑戦します。本当はモデル役の子が居たのですが何やらあったらしく……。写真家さんとモデルさん。二人の気持ちを解きほぐし、良い写真をとれるかな?

04. 思い出沈む猫の匣
失った記憶。ダムの底の神社。忘れてきてしまったのは大切な……。猫は微睡の底へと沈んで行き。それはとても悲しい過去の夢。あなたたち変化はその悪夢から猫を救えるのでしょうか?

00. 番外編 勇気を癒す猫の杜 追加シナリオ
昔々のお話です。まだ絹湯村もない山奥に一人の若い武者が迷い込んできました。傷つき今にも倒れそうな若い武者を助けようと白猫は温泉へと導きます。若い武者が元気になるよう皆もおてつだいしましょう。
そんな中、山の力自慢が相撲の大会を開くことになって!?

ゆうやけこやけシナリオブック「思い出沈む猫の匣」
著:黒兎そよ/Desktheory
SPLL:E219009
*本シナリオは書籍版から加筆修正したPDFとなります。

※ 本作は、「神谷涼」「清水三毛」「インコグ・ラボ」及び「株式会社新紀元社」が権利を有する『ふしぎもののけ RPG ゆうやけこやけ』の二次創作物です。(C)神谷涼&清水三毛/インコグ・ラボ

C103土曜東ミ-22ab ですくせおりぃ 参加

c103土曜日 東地区 “ミ” ブロック 22ab
ブロック 22a ですくせおりぃ
ブロック 22b 空はあんなに青いのに。
の合同スペースで参加いたします

新刊

  • ゆうやけこやシナリオブック 星と海がであうとき イベント価格500

既刊

星と海が出会うとき ゆうやけこやけ×てーぶるちほーシナリオ

ゆうやけこやけ×てーぶるちほーシナリオ 「星と海が出会うとき」


後日、何らかの形で再編集するかもしれませんがc103バージョンの冊子はコミケのみで頒布します。


前編:空と海がつながる場所で
後編:やがてくる明日への船出

 絶海の孤島。名前も忘れられた島でのお話。
 そこには小さな体の変化たちが人知れずに暮らしていました。
 大嵐が去ったある日、砂浜に木箱が流れ着きます。島の外から来た贈り物。
 島の子たちは興味津々。

 木箱を開けると中からは、一人の変化の女の子が出て来たではありませんか!?
 

#てーぶるちほーこんばーと シナリオを「けものフレンズTRPGてーぶるちほーの大冒険」で遊べる形にしています。