読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ZOOっと友達だよ!」神話創世RPGアマデウスシナリオ

f:id:genshikigou:20170331230320p:plain
神話創世RPGアマデウス・シナリオ「ZOOっと友達だよ!」ウェブ暫定版
著:黒兎そよ
f:id:genshikigou:20170330032330p:plain
PC人数:2人 (~4人まで想定)
初期作成 LV1
使用ルールブック アマデウス01(追加でアマデウス02、03、EXを使ってもいい)
サイクル:6 (あれば楽にクリアできるはず。12シーン÷PC人数でサイクルを算出している。まぁ進行具合で増減させても良い)
フリーシナリオ:セッション、リプレイ、動画など好きにお使いください。一応、著者名かTwitterIDかなんか表記してくれるとありがたい。

予言の暗示

◆予言:獣の子(1~3人まで)
【暗示】
 あなたは動物園に住む動物だった。
 動物園が絶界化した際に「獣の子」として覚醒した。
 絶界化した動物園では様々な問題が発生している。
 あなたの【使命】は動物園の仲間たちを助けることである。

◆予言:忘却の子(1人まで)*アマデウス02があるなら使用可能
【暗示】
 あなたは自分が何者かを忘れてしまった「忘却の子」である。
 絶界の中、目覚めたあと他のPCたちと出会った。
 あなたの【使命】は自分が何者であるかを突き止めることである。
「あなた自身も調査するまで【真実】を見る事が出来ない」

◆導入フェイズ

■導入01

 その日、空から星が降ってきた――。

 とある片田舎の動物園。園内は動物を眺める沢山の人々でにぎわっていた。
 小さな動物園だが様々な動物たちが居て珍しそうに子供たちは笑っている。大人もガイドをする飼育員たちも楽しそうに笑っている。
 とても幸せそうな動物園の空にひときわ明るい星が輝いた。

 それはみるみるうちに大きくなり、人々があっと言う間に動物園を包み込んだ。

 その日、降ってきた星は黒く染まり、動物園は絶界に囚われた。

■導入02:友達

 動物園の中にいた「獣の子」と「忘却の子」が出会う場面から始まります。スタートエリア(ここ)でGMは各PLへの予言【暗示】を読み上げましょう。(予言は事前に渡してもここで渡しても良い)

●獣の子が最初から分かって良い初期情報

  • 獣の子たちは動物園のことを知っている。
  • 動物園のことなら「あしざきおにいさん」に聞いたらいいはずと気が付く。
  • 絶界など親神の知識はあっても無くても良い。

●忘却の子の初期情報

  • 一切を忘れているが知性は保持している。
  • 自分が何者か知りたいという気持ちがある。(人であることは分かっても良い)
  • 絶界などの知識はなんとなくある。

●動物園のこと

  • 数日前、星が降ってきて動物園は絶界化した。
  • 絶界化とともに動物たちは「獣の子」となった。それに伴い小さな問題を抱えることになった。
  • 獣の子たちは飼育員の「あしざきおにいさん」を慕っていた。

 GMはここで動物園の舞台設定、PCたちに「あしざきおにいさん」の存在と各地で困っている「友達」がいることを示しましょう。絶界化した動物園の動物たちは皆、友達=獣の子となっています。
 PCたちが冒険を始められるようエキストラとして獣の子を出して「他のエリアで友達が困っているんだよ。手を貸してくれないか」とPCたちに促すとよいでしょう。
 「忘却の子」がいる場合、「何か知りたいなら「あしざきおにいさん」に聞くと良いかもしれない」という事を獣の子たちは思いつくので「忘却の子」と一緒に「あしざきおにいさん」が居る飼育員棟を目指すとしても良いでしょう。

◆冒険フェイズ

シーンPCはエリアを一つ選択します。エリアに指定されたシーンイベントの後、PC行動となります。
次のシーンPCは隣接したエリアへの移動を選べます。同じエリアに残る場合、イベントは起こりません。ただし一度移動して再びエリアを訪れると設定されたイベントが起こります。1サイクル毎に黒のインガが1増えます。

エリア概略図

スタート⇆【1】
 ⇅    ⇅
【2】 ⇆【3】⇆【4】
 ⇅
【5】

初期配置予言

  • PC予言
  • 予言:人の行方
  • 予言:あしざきおにいさん
  • 予言:降ってきた星
●エリア1 カバ

 タウエレトの子としてカバの獣の子がいる。
 他の獣の子たちが言うにはカバがこの頃、食事もせずに何か悩んでいると言う。
 PCたちが話を聞くとカバは上手く泳げない事を気にしていた。
「この体になったのだから泳げると思ったのだけれどうまくいかないの」
「ダイエットしたら泳げるかしら?」
 PCたちがカバに泳ぎを教えるなら【武勇】で判定する。

・成功したらカバは泳げるようになる。
「これが泳ぐってことなのね。すごいわ」
「泳いだらなんだかお腹が空いてきたわね」と笑う。

 以降、「ごちそう」をカバに1つ渡すとカバは黒のインガを1つ取り除いてくれるようになる
「絶望の闇も私の大口で嚙み潰してあげるわ!」

●エリア2 キツネ

 ウケモチの子としてキツネの獣の子がいる。
 小さなレストランにエプロン姿で立つキツネは人が来ないので料理を振舞えないと悩んでいる。
「あ~ようこそ。イナリレストランへ。ご注文はいかがします?」
「ありがとうございます~。誰もお客様が来なくて暇だったんですよ~」
 PCたちが何か注文するとキツネは「あしざきおにいさん」に教えてもらったと言って料理を始めるが、調理器具に戸惑うことも多く失敗する。
 一緒に料理をするなら【技術】か【頭脳】で判定する。

・成功したらキツネは料理を完成させ、PCたちは生命力を1D6点回復します。
「ありがとう。あなたたち器用なのね」
「さ、どうぞ。召し上がれ。と言っても一緒に作ったんだけれどね」
 また、隣にエリア5:動物園ゲートがある事も教えてくれます。

 以降、PCたちは神貨を支払うことで「食べ物」「ごちそう」を得られます

二回目以降
「あしざきおにいさんらしき人がゲートの方へ向かったって話を聞いたわ」

●エリア3 ライオン

 バステトの子としてライオンの獣の子がいる。
 ライオンはぐーたらと寝ているがPCたちを見ると「遊んでくれよ~」とじゃれついて来ます。
「お前ら何して遊ぶ? それともゴロゴロするか?」 
 PCたちは誰かひとりに対して「交流判定」が行えます。

 ライオンからプラスの想いを誰かが結んだ場合、決戦フェイズで偵察に成功した脅威カード一枚を取り除くことができます。(1話1回)
 GMはライオンと仲良くなると良いことがあると伝えても良いでしょう。

 またここでは先を急ぐこともできます。先を急ぐとPCが言ったらこのイベントを無視して次のエリアへ移動してイベントを起こしてください。

二回目以降
「そういやおにいさんの周りに黒い星が飛んでたなぁ……」
「のんびりしていきなよ」
 PCはイベントとして「休憩」を行うことができる。その後、通常のPC行動となる。

●エリア4 飼育員棟

 飼育員さんたちの仕事場。あしざきおにいさんの部屋へとたどり着く。
 しかし、そこにお兄さんは居ないが、一冊の日記帳がある。
 ここでは予言:あしざきおにいさんを調査できる。
 二回目以降は特になし

●エリア5 動物園ゲート

 動物園ゲートは不思議な力で閉ざされている。外に出ることは難しいようだ。二回目以降もとくになし。
・ただし予言:降ってきた星の【真実】が公開されていたら決戦フェイズへ移行する。

■マスターシーン

●マスターシーン:人の檻

▶予言:人の行方の【真実】が公開されたシーンのつづきとしてマスターシーンを行う。
 PCたちが動物園を歩いていると檻の中に笑顔の人々が入っていた。
 PCたちが話しかけても言葉は通じない。どうやら人々からは動物と飼育員が仕事をしているように見えるようだ。人々を元に戻すには絶界を解かないとならないだろう。
 マスターシーンの終わりに黒のインガを1つ追加する。

●マスターシーン:動物園のあしざきおにいさん

▶予言:あしざきおにいさん の【真実】が公開されたシーンのつづきとしてマスターシーンを行う。
 「はぁ、今週でお前たちともお別れか……」とある動物園で一人の男性がため息をつきました。
 小さな片田舎にあるこの動物園は、客足が遠のいてしまい今日で閉園を迎えます。
 最後の一週間は特別開放となっていたため、久々に沢山のお客さんたちが動物園に溢れていました。
 そんな沢山の人を眺めるいくつもの「目」。
 檻の中の動物たちは溢れかえる人たちを眺め何を思うのだろうか……。
 男は空を見上げ「何か」に祈りを上げた。

 できるなら「この今が永遠に続けば」と。

 そして天から降ってきた星は男の心の闇を食らい世界を絶界へと塗り替えた。
 マスターシーンの終わりに黒のインガを1つ追加する。

◆決戦フェイズ

 予言:降ってきた星の【真実】が公開された後、エリア5:ゲートへとやってくると。
5:動物園のゲートに絶望の闇に飲み込まれた「あしざきおにいさん」が怪物となっている。

本体・怪物:黒い星
LV3 属性:黒 タグ:獣、星
生命力:40 防御値:3
攻撃値:3
説明:あしざきおにいさんを包み込む黒い闇と周囲に浮かぶ黒い星。
効果1:黒い流星
黒の領域の覚醒段階と等しいダメージをラウンドの終了時にPC全員に与える。
効果2:動物の楽園
タグ「獣、獅子、犬、猫、鳥、魚、虫」など「動物」に関連する「独立」した脅威の威力に+2し、耐久値に+2する。また攻撃が成功した場合、黒の領域にインガを一つ追加する。

パラグラフ1:鉤爪(Amd01 P272)
パラグラフ2:鳥の獣の子(ハーピー参照 Amd01 P275)
パラグラフ3:衝撃波(Amd01 P274)

PCが3人以上なら以下に変更と追加
パラグラフ1:吠え声(Amd01 P279)
パラグラフ4:丸呑み(Amd01 P279)

EX所持ならば
パラグラフ1:砂嵐(EX P157
パラグラフ2:鳥の獣の子(ステュムパーリデスの鳥参照 EX P132)

倒すことで闇は取り払われ、おにいさんは元に戻る。
*怪物になっている間の記憶は夢のようなあいまいなものとなる。
また、代表者(怪物を倒したPCか相談か02があれば対決)は「輝く星」(予言:降ってきた星を参照)を手に入れることができる。願いを決めてエピローグへ。

◆エピローグ

 絶界が解けたあとは、再び人々が溢れかえる動物園のシーンとなる。 獣の子たちは動物に戻る。
 芦崎は絶界化していた間のことは夢のように感じており、普段通りに動物たちに接してくる。
・動物園が閉園した後は各動物は別の動物園へとそれぞれ移動させられる。
・また、獣の子が動物に戻るまでに猶予を与えて各自PCのエンディングを演出しても良い。
 (別れの挨拶とか、これからのことを話すとか)
あしざきおにいさんに「離れ離れになってもずっと友達だ」と言わせても良いし、PLたちがそのセリフを言いたそうなら譲れば良い(笑)。


願いの効果によってシーンを変える事。
・動物園が存続するならば、園長や地元の人々の働き掛けで存続など。
・PCの誰かが人の姿を保つ場合の処理など。

 GMはそれぞれのエンディングを演出しシナリオを締めること。


◆PC予言一覧

獣の子

◆予言:獣の子共通(1~3人まで)
【暗示】
 あなたは動物園に住む動物だった。動物園が絶界化した際に「獣の子」として覚醒した。
 絶界化した動物園では様々な問題が発生している。
 あなたの【使命】は動物園の仲間たちを助けることである。

*【真実】は参加人数に合わせA~Bより一つGMが設定すること。

【真実】A
 あなたはこの絶界が解けると元の動物へ戻ってしまう。
 あなたは動物園の仲間たちを大切に思っている。
▶トリガー:いつでも

【真実】B
 あなたは以前から「獣の子」として目覚めていた。
 それゆえに「あしざきおにいさん」の苦悩にも気が付いていた。
 あなたの本当の【目的】は動物園を存続させることである。
▶トリガー:いつでも

【真実】C
 あなたはこの絶界が解けると元の動物へ戻ってしまう。
 あなたは親神から特別な力をひとつ貰っている。
 あなたは「嘆願判定」に成功するとキャラクター1人を「人の姿」のまま保たせることができる。
▶トリガー:いつでも

忘却の子

◆予言:忘却の子(1人まで)*アマデウス02があるなら使用可能
【暗示】
 あなたは自分が何者かを忘れてしまった「忘却の子」である。
 絶界の中、目覚めたあと他のPCたちと出会った。
 あなたの【使命】は自分が何者であるかを突き止めることである。
 「あなた自身も調査するまで【真実】を見る事が出来ない」
【真実】
 あなたは降ってきた星「怪物:黒い星」の欠片から生まれた存在である。絶界が解ければ人の姿を保つことはできない。
 あなたは「人や動物」ではないが動物園の仲間たちを大切に思いはじめている。
▶トリガー:いつでも

NPC予言一覧

◆予言:人の行方
【暗示】
 星が降る直前。動物園にはたくさんの人々が居た。
 しかし、絶界化した園内に人の姿は見られない。
 一体、どこへ消えてしまったのだろう。

【真実】
 絶界化した動物園の檻には動物ではなく人々が入れられていた。
 しかし、人々は絶界によってその状況を正しく把握できていない。
 このままでは絶望の闇によって人々の知性は奪われてしまうだろう。
 この真実が公開されたらマスターシーン:人の檻を演出する。
▶トリガー:この真実の調査に成功する。(ギフトで内容を見た場合も可)

◆予言:あしざきおにいさん
【暗示】
 芦崎久嗣(あしざきひさつぐ)。動物園の飼育員のお兄さん。
 動物たちに親身になって世話をしてくれる良いお兄さんで、園内の動物たちも慕っている。
 人が消えた園内で何度か見かけたという話を聞くがどこにいるかは分からない。
 *この予言は「飼育員棟」でしか調査できない。(基本的にNPCとしてシーンに登場しない)

【真実】
 芦崎はこの動物園が閉園になる事を悩んでいた。
 そのため「怪物:黒い星」に動物園が永遠に続くことを願ってしまった。
 この真実が公開された場合、マスターシーン:動物園のあしざきおにいさんを演出する。
▶トリガー:この真実の調査に成功する。(ギフトで内容を見た場合も可)

◆予言:振ってきた星
【暗示】
 動物園に降ってきた星。
 神話の欠片という強い力を持っており、園内の何者かの想いを受けて動物園を絶界に閉じ込めている。

【真実】
 黒い星。人の絶望に反応し絶界を引き起こす神話の欠片。ただし希望に反応すると輝く星となる。
 怪物を倒した一人がプラスの想いのパトスを消費すると輝く星を手に入れる。輝く星を得た者は神話の力を維持するため小さな願いを叶えることができる。願いの内容はGMと相談。
 この【真実】が公開された後、エリア5動物園ゲートへ行くと決戦フェイズとなる。
▶トリガー:この真実の調査に成功する。(ギフトで内容を見た場合も可)

*願い
 人の姿を保つの場合、一人のみが妥当。
 動物園を存続する場合→全ての獣の子は動物に戻り二度と神話の力を得られない。
 程度の事は出来る。

 まぁ、優しい願いならGM判断でわりと大目に見て叶えても良い。あと1日で書いたためバランスとかとってないのでGMが細かい所は適宜調整して遊びましょう。
 シーンとかにはエキストラとして様々な獣の子を出すと良いでしょう。
 ライオン、カバ、キツネはイメージがわかない場合は親神として指定した神そっくりの姿としてリアクション表などを使うとよいでしょう。

 「すっごーいたのしーセッションになるといいね♪」
 

◆追加

エリア移動判定

 GMはエリアの移動時に「移動判定」を設定しても良い。PC人数が少ない際のインガ量増加が期待できるが難易度も上がるかもしれない。移動判定に失敗した場合、下記「試練表」を参照。

1D 動物園試練イベント 判定
1 動物園の特別展示の暗闇に閉じ込められる。黒インガが1増える -
2 ペンギンたちがリサイタルをしている。沢山のファンがひしめき合いあなたは身動きがとれない 【武勇】判定。失敗すると生命力を3点失う
3 動物園内に森が広がり道に迷う。 【霊力】判定。失敗すると運命の輪が回る。
4 草原を沢山の獣の子たちが走っていく。よそ見をしていたら跳ね飛ばされた。【重症1】を受ける -
5 動物園に大きな川が流れている。反対側に渡らなければ進めない。 【技術】判定。失敗すると全員スタートエリアへ移動する。(1話1回)
6 珍しい動物や頭の良い獣の子がいてクイズを出してくる。クイズに正解すると神貨を3枚得る 【頭脳】判定。失敗したらファンブル表を振ること。

参考

ようこそジャパリパークへ

ようこそジャパリパークへ

自己スキーマ【通常盤】

自己スキーマ【通常盤】